絵を掲載しつつ徒然なるままに主に趣味関係を語っております。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■何もかもが初尽くし…
 そんなこんなであっという間に出発当日です。宿泊や移動手段などは一緒に参加する友人に任せっきりだったので私は出かけるだけw今回、現地までは電車を使っての輪行です。先日、AACRの練習も視野に入れた江ノ島往復の際に輪行袋も練習する為に使ってみようかと思ったのですが、何だかんだで自走し切ってしまったので使用するのは初めてとなります。友人からも”練習しておくといいよ”と言われていましたが、確かに袋に入れる際に四苦八苦。結局、予定していた電車を一本のガス事に…やはり自宅で練習していたら良かったと後悔。持っているのはTAIOGAの”COCOON”で前輪のみを外すタイプです。

img0002.jpg


 自転車の梱包も終わったのでいざ出発です。最寄り駅までは歩いて移動。ロードバイクは普通の自転車に比べたら軽いですが、それでも10kgはあります。手持ちのオートバイでトラブルがあった際に2~3kmおして帰った事があったのですが、その時同様に”バイクは乗るもの”と思いつつひぃひぃ言いながらの移動ととなりました。この辺も輪行袋に慣れていれば駅までは自走というのが楽なんでしょうね。

 しばらく待って電車に乗車。先頭車両の端っこに自転車を置いて出発です。途中で急行に乗り換えようかと思ったのですが、出発日は土曜日とはいえ出勤や通勤の乗車客が多く諦めてそのまま各停で新宿まで行きました。この辺も普通の電車移動ではなく余裕を持った移動スケジュールが必要ですね。

■8時丁度の~♪あずさ5号で~♪…ん?www…
 友人と本日使用する電車のホームにて合流。7:30という約束でしたが、実際には10分程度、遅刻…申し訳ない。電車は8:00丁度の特急スーパーあずさ5号です…2号じゃないの?と年配者のネタとしては後者の方が最高なのですが、下り線は奇数という友人談。まあ、それなら仕方ない(笑)座席は輪行も手馴れた友人の配慮も合って最後列。輪行の際には車内に自転車を置く場所の確保も重要になりますので最前列か最後列で空きスペースに自転車を置く感じのようです。

img0004.jpg


…こんな感じ。このまま使えれば良かったのですが、残念ながら同じ目的の同乗者がいた為、反対側は明け渡す事になりました。友人と次が合ったら席の取り方を考えた方が良いね~と出発までにいろいろ勉強する事が多い感じです。結局、移動中は入り口前に自転車を置かせてもらったのでそちらの扉が開く毎に自転車をどかせる感じでした。多少、寝れたら…という希望は水疱のごとく消え去りましたwまあ、行きなのでまだまだ元気。約3時間位なら問題ないですかね?

■長野県松本市到着!
img0005.jpg

 大体、10時半過ぎくらいに長野県松本駅に到着。駅前で何やら催し物が行われていました。何にしても空は雲ひとつ無い快晴で暑いくらいです。AACRの受付開始は12時半からという事でまだかなり時間があります。どちらにしても受付会場までは自転車での自走になるのでまずは組み立てようという事になりました。ただ私はこういったイベントに参加するのは初めてという事もあり用意が悪く普段着で着ていたのでまずは自転車に乗り易い格好にトイレで着替え。次に着替えなどが入ったバックを持って移動するわけには行かないので駅のコインロッカーに預けようと探しては見たものの数箇所あるロッカーは全て使用済み。AACR参加で来られている方も多いとは思いますが、それ以外に観光でという方が利用している感じですかね?ロッカーが空くのを待っていてもらちが明かないので友人が宿泊するホテルに電話をして荷物を預けられるかの交渉。すんなりOKが出たので自転車を組んでホテルに移動…歩いても駅から5分くらいの場所にありました。

img0006.jpg

 今回、AACRで使用する自転車。友人共にBianchiです。しかし2台ともメーカーカラー”チェレステブルー”がメインカラーはなない感じ。友人のはまだところどころにチェレステブルーをあしらっていますが、私のはほぼ皆無。何とかケーブルと本体の直接干渉を防ぐゴム部分と購入時に付いてきたボトルくらいです。昔から青が好きなので仕方ないw友人曰く”GIOSを薦めた”との事ですが、GIOSは色濃いのでww

 余談はこの辺で荷物を預けてまずはコンビニで飲料水の補充や少し小腹がすいていたのでおにぎりを購入してエネルギー補充。イベント前日は受付以外これといった予定も無かったので観光も兼ねて木崎湖まで行ってみようという事になっていましたが、この時点でも受付まで1時間以上ありました。どうやって時間潰すかという時に目に入ったのが松本城の文字。友人がiPhoneで調べて直近くだったので行ってみる事にしました。


■国宝!松本城!…img0007.jpgimg0008.jpgimg0009.jpg
img0010.jpg


 いや~何という絶景でしょうか!雲ひとつ無い青空に山頂に雪が残ったアルプス山系をバックにお城です。これも本当に天気に恵まれたからこその景色ですね。今回の目的はAACRでしたが、もし機会があれば単純に観光に来るもの良い場所かもしれません。そんなプチ観光気分を味わいながらそろそろ受付時間も迫ってきたので愛車にまたがり一路AACR受付会場へと向かいます。

■アルプス安曇野センチュリーライド会場入り…
img0011.jpg

 松本市内から受付会場までは大体、10km弱。自転車で20~30分くらいでしょうか?友人のiPhoneナビでの移動です。初めての土地などではナビは非常に助かります。こういった時にスマートフォントは便利ですね。

 会場には既に何名もの参加者が集まっていて受付開始を待っている状態。12時半になり会場アナウンスで受付開始。窓口は走行距離や組で分かれている様で私は160km1組(6:00スタート)で受付。参加証と今回から導入された車検証を渡してゼッケンとその他もろもろ受け取りました。この時に参加賞のAACRロゴの入ったボトルをゲット。しかしちょっと荷物になって困りますw

img0012.jpg

 受付中にお知り合いの方にもお会いする事が出来てご挨拶。初めてのイベントで一緒に参加した友人や知った顔の方がいるだけでかなり心強いですね。走るペースは人それぞれなのでご一緒出来るかは解りませんが、同じ時間、空間を共有出来るというのは気持ちの支えになります。

 そうこうしていると友人がどうやら顔見知りを見つけて話をしている…以前、知り合いがAACRに参加するという話は聞いていたのでその方のようです。ちなみに同じビアンキ乗り。知り合った切欠は都内にあるビアンキ専門店でとの事のようです。受付後、木崎湖に向かうとの事。私達も受付終了後、観光も兼ねて向かう予定だったのでそのままAACRの試走も兼ねて木崎湖に向かう事になりました。

■意外と過酷な木崎湖珍道中?…
 天気も良く一緒に走る仲間も増えたという事もあって走るテンションも上がります。AACRのコース自体も運営サイドの方々が非常に頑張ってくれていてコース指示の看板(特に分岐点)もいたるところにあってこれなら初めてでも迷う事はほぼ無いと思えるくらいです。
img0016.jpg
img0017.jpg
img0018.jpg

 ただ当日と違いエイドがあるわけでもなく途中で水分が心もとなくなった面子もいて自販機を探そうとウロウロするものの見当たらない。このように書くと地元の方に失礼かもしれませんが、都心部を離れると地方でのコンビニなどの減り方は半端ない。とはいえ水分補給が出来ないと死活問題なのでお忙しい中、失礼は承知で自販機の場所を聞くことに…するとしばらく先にある事が判明。ただその時に一人、見当たらない人がいてどうしたのか?と心配していたところ地元の方にお願いして途中にあった施設内の自動販売機を使われてもらい水分を手に入れたとの事でした。いや~本当に助かります。水分を手に入れて元のAACRルートに戻り先行して自販機に向かった一人を待って(待っている最中に田んぼの水路で顔などをぬぐわせて頂きました)再スタート。するとほんの1~2km行かない先に自販機が!そんなもんですよね~(^^;)とはいえここを逃したら次の自販機に何時めぐり合えるか解らないのでしっかり補給して出発です。
img0015.jpg
※四苦八苦した後に見つかった自販機。その場でお茶飲んだりボトルへも水分補給。

 天気は良かったのですが、その分、気温も高くなったので少し走るには辛い状態で一人、妙に遅れたのでどうしたのかと思ったらバテ気味だったので途中休憩していたとか、一人だけ完全私服で走っていた方がいたのですが、その真相は松本市から木崎湖まで片道40kmを往復と勘違いして様です。”騙された~”と言っていたのですが、その方には申し訳ありませんが、皆で笑わせてもらいました。今となってはいい思いですねw最短コースで向かったら40kmでしたが、試走をするとあっちこっちと横道にそれるので結局、木崎湖まで60kmくらい走りました。到着した時は”やった~木崎湖着いた~!”と写真撮りながらテンション上がりましたが、暑さの為にちょっとバテ気味。でも折角だからという事でキャンプ場まで移動する事にしました。
img0014.jpg

■キャンプ場…そこは聖地だった…

 一同でキャンプ場へ移動…程なくして到着。そしてまず訪問者を迎え入れるのが、この木崎湖周辺が作品の舞台となって既に10年の歳月がたった”おねがいティーチャー”の看板。
img0019.jpg

 おねがいティーチャーはリリース当時にダイレクトに買っていた作品だったのでまさかその舞台になったところに足を運ぶとは思ってもみませんでした。初聖地巡礼ですね(笑)そういった場所ではありましたが、今回、ここ木崎湖に遊びに来たかった理由は2つ。一つは自転車を始めようと思った切欠の一つでもある同人誌ロングライダースのサコッシュが発売されるという事でそれを手に入れたかった事。もう一つはロングライダースの執筆陣の方々が木崎湖周辺を自転車で走るという事でお邪魔しようと思った事。残念ながら到着までに予想以上に時間がかかってしまい走行会には参加出来ませんでしたが、サコッシュは無事手に入れることが出来ました。走行会に参加出来なかった事は残念でしたが、予定以上に走っていた事や暑さにやられて若干、熱中症気味の頭痛があったり、翌日のAACRの事を考えたら今の自分の実力からは間に合ったとしても参加しない方が良かったのではないかと思います。

img0020.jpg
img0021.jpg
img0022.jpg
img0023.jpg

 しばらく休憩も兼ねてダラダラしていましたが、そろそろ時間も遅くなってきたので松本に戻る事にしました。私と友人は輪行。一緒に来た知り合いの方々は輪行袋など持ち合わせていないという事でそのまま自走でというとで木崎湖で別れました。木崎湖の売店?の方に最寄の駅より信濃大町駅まで行った方が早い時間の電車に乗れるという事でそこまでは自走です。とはいえ戻りはほぼ下りなのでだいぶ楽であります。

img0024.jpg

 電車移動中は友人共々寝落ち。自転車は疲れますねw自転車では4~5時間かかった距離も電車だと1時間くらい。いや~速いですね。松本駅に着いていそいそとホテルに向かい自転車を置いたら夕飯にする事になりました。ホテルにチェックインして一息ついたところiPhoneでしようしていたモバイルバッテリーを車内に忘れた事に気が付きました。あちゃ~と思いつつもその前に飯という事で駅ビル内にあるお店で夕飯。折角なのでご当地物を選択して山賊焼きのお店に決定です。もうすぎラストオーダーという事で滑り込みです。

 自転車を乗った事もあってガッツリ食べる事にしてメニューにあった松本名物山賊焼定食にミニラーメンの付くデラックスを注文。しばらくして注文したものが来ると目を疑いました…

img0025.jpg

 どう見ても普通サイズのラーメン何ですけどwwwお腹は減っていましたが、完食出来るか自信がありませんでしたが、せめてメインのものは残すまいと頑張って食べました。何とか肉関係は食べきりましたが、キャベツとラーメンのスープは残してしまいました。でも味はとても美味しかったです。夕飯後、駅に向かって遺失物窓口に行きましたが、既に終了。都市圏とは違って終了時間がどこも早いですね。

 明日も早いので朝は受け取る事は難しくこのままではAACR期間中iPhoneが使えなくなるという事で駅前にあるアリオなら携帯とかも取り扱っていると思うからケーブルとかも売っているだろうと思い行ってお店の人に聞いてみると取り扱ってないとの事…では携帯ショップでも探すか…ウロウロしても全く見つからず。最終的にコンビニ朝食を購入ついでに探してみると何とかバッテリーとコネクターを何とか入手。これで一安心です。

 あとはホテルに戻って翌日の準備をして寝ました。何にしても軽い熱中症での頭痛がどうなるか…

…続く
スポンサーサイト
■思い立ったが吉日…(笑)
本格的ロードバイクを手に入れてから早9ヶ月ほど経ちました。最初のうちは50km走れればと思い達成したら次は最初の大台100kmへと…思っていた以上にトントン拍子で進んで年を越した後、よし!今年は何箇所かイベントに参加しよう!と思い立ちました。

 そこで白羽の矢が立ったのが”アルプス安曇野センチュリーライド(略称AACR)”です。

 センチュリーライドとは自転車を乗られている方ならご存知と思いますが、最長100マイル(センチュリー)を走るサイクルイベントです。キロに換算すると160km。調べて発祥はイマイチ解らなかったのですが、多分、日本で行われているものは”ホノルルセンチュリーライド”が由来ではないかと思います。

 日本でも各地で行われているセンチュリーライドイベント。その中からあえて安曇野を選んだかと言いますと自分に自転車購入に拍車をかけた自転車のロングライドをテーマにした同人誌”ロングライダース”で取り上げられていた事があり、自分の中で”センチュリーライド=安曇野”という勝手な方程式が確立していた感じです。

 エントリーは2013年2月1日0:00スタート。昨今のサイクルイベントで中には募集開始して直に定員に達するものもあるなど聞いていてまた自転車のイベントに申し込みをするのは初めてで右も左も解らず募集内容に1組2組とかあって勢いで1組にエントリー。エントリーをする事を事前に友人にも話していてその友人も参加するという事でツイッターで連絡取ったら2組にエントリーとの事wその時点で”1組=1名”、”2組=2名”とかなりとっ調子も無い勘違いをしていて”1組と2組が同じ参加費なら2組の方が得じゃん”と思い変更出来ないものかとエントリーサイトに頓珍漢な問い合わせしたりともう素人丸出しです(--;)そしてそれに気が付いたのが4月末くらいに送られてきた封書の中身を読んでwエントリーサイトにも記載されているのにもっとよく内容を読めって感じです(苦笑)

■センチュリーライドに向けて…
 初めてのサイクルイベントです。そしてこれまで走った事のない距離に挑むという事もあって”2013年に入ってからほとんど自転車乗ってないそんな貧脚で大丈夫か?”、”大丈夫、問題無い”と某シャダイ的な返答が出来たら良かったのですが、実際のところはやはり大なり小なりの不安はありました。せめて平地で200kmくらい走って多少の自信を付けたいところでしたが、3月に1週おきに100km前後(最長、自宅江ノ島往復約140km)3回走ったくらい。4月5月も目も当たられない距離しか走っておらず完全に不安は拭い去れない状態。ただ唯一の支えになるであろう事としてまず友人がいる事、そして数名の知り合いの方も参加されているという事で全くのソロ参加でなく”俺には仲間がいる!!”というような勝手に自分を鼓舞しつつ後は見ず知らずの方でも同じ目的に向かって走る人たちがいるというだけでもかなり心強いところはあります。

 そして開催日までの間に秘密兵器としてアルミ/カーボンのコンボリム”カンパニョーロ・バレットウルトラ・カルト50”を勢いもあって導入wwコンボリムなだけに重量自体は劇的に軽くはなりませんが、リムの走り出しの軽さや高速走行時の伸びは少なからずとも役に立ってくれるであろう&単に見た目ってのもあります(笑)

 事前に持っていなくてあると良いだろうというものをバタバタと買い揃え(おニューの半袖/短パンのサイクルジャージ、ウィンドブレーカ、アームカバー)一番気になるところとしては天気です。やはり自転車も含めたスポーツで雨は大敵な物が多いと思います。まあ、快晴過ぎても今度は暑くて脱水症状や熱中症の危険もありますが、AACRのサブタイトルとして”美しい日本のロングライド”とあるように天気が良ければアルプス山系の絶景が堪能出来るという事もあって是非とも晴れて欲しい。解るわけもないのに2週間前からスマートフォンの天気予報アプリをチェックする始末です。丁度、AACR開催の2週間前の”佐渡ロングライド210というこれも有名なロングライドイベントが開催されこちらの知り合いで同じビアンキ/インフィニートを乗っている方が出走。天気の良く気持ちの良いイベントだったという事でした。そういう話を聞くと余計に自分が出走するAACRも晴れて欲しい!走行しながら絶景を堪能したい!

…とはいえ天気自体はもう運次第。個人がジタバタして何とかなるものではありません。また山の天気は変わり易いと言いますから、晴れたとしても急変もあります。少しでも晴天に繋がればと思い日本の晴天祈願の伝統行為、伝家の宝刀”てるてる坊主”の作成を決意!人生で初めてのてるてる坊主作成ではないかと思います(笑)イベント約一週間前からティッシュペーパーで毎日1個作る感じです。まあ、1週間前の週間予報では日本全体的に高気圧に包まれ天気が良くなる傾向でしたが、これはこれでイベントの一環として楽しめた感じです。

img0001.jpg
最終的にこんな感じ。なかなかシュールですw


 取り合えずイベントまでに出来る事はこんな感じ…でしょうか?何かいろいろ書き記したい事が多く長くなりそうなので一旦、アップw
 明日の26日、初めてのサイクルイベントアルプス安曇野センチュリーライドに参加するべく前日入りで行ってまいります。今日は自転車で軽く観光ですかね~。

 何はともあれ初めてのサイクルイベントです。今日明日共に現地の天気はまずますで楽しんできたいと思います。
 今年の始めに知り合いの方の主催で行ったブレーキングとコーナリングの練習会に行った時、8の字練習をしていて後半、調子に乗り過ぎてスリップダウン。その際にバーテープが一部破けてしまったので交換しなくちゃな~と思って交換用のバーテープを買って早1ヶ月くらい。今月末に人生初の自転車イベント”アルプス安曇野センチュリーライド”もあるのでそれならば綺麗な状態で参加したいという事でもあり、一念発起して初のバーテープ交換をしてみました。

 189480_522935424437352_2099025900_n.jpg

 まずは当たり前ですが、古いパーテープの取り外し。一度、自転車を購入したお店の店員さんに質問してある程度のコツみたいなのは聞いてはいたのですが、念のため外しながら特にアールの部分がどんな感じなのかという点を再確認です。外しきった後は残っている粘着部分を擦り落として綺麗な状態に。

182286_522935874437307_371890364_n.jpg

 次に今回、交換をなかなかしなかったのはフィジークのGELパッドを取り付けるか否か決めかねていたのですが、まあ、お値段もそれ程、高額でないのとロングライド時に少しでも効果があればという事で仕込んでみました。ただ、思いのほかバートップのGELが長く結構、内側まで来たのでどうんすんべか?と思いつつ切り詰めるのもなんだしな~という事でそのまま使用です。

946788_522950911102470_502518093_n.jpg

936334_522951444435750_1370003412_n.jpg

400766_522951491102412_621194040_n.jpg

 結果としてはこんな感じ。初回という事もあって難度か巻き直しをしましたが、購入したフィジークのバーテープ自体は丈夫で切れる事も無くという感じで終了。自転車を乗っている人だと解ると思いますが、かなりトップ部分が内側まで来ている感じと思います。エンドキャップ部分とか雑なところありますが、最初にしてはまあまあではないかと思ったりもしています。バーテープ自体も汚れたり破けたりと消耗品とは思いますのでおいおいコツを掴めていければな~と思っています。何にしても一回でもやってみると自信も付くので次は少しお高めのバーテープでも選択してみようかな?とかも思ってしまいます。

 何にしてもビアンキの自転車にしてはほぼメーカーカラーでもある”チェレステブルー”はほぼ無い仕様となってビアンキの意味あるの?的なカラーコーディネイトになっています。自転車メーカーでブルーをメーカーカラーにしているのは知っている限りでGIOSとGIANTの印象ですが、どちらも濃い目の青なんですよね~。

 次はペダルをSpeedPlayに使用かと思っているのですが、それも青にしてしまおうかと思っていますww
 いろいろトラブルがありましたが、何とか換装出来たディープリム。日曜も天気が良くサイクル日和という事もありまして早速、試走してきました。

 まず体感として走り出しが軽い。これまで使っていたフルクラムのレーシング7がカタログスペックで1849gに対して今回、換装したカンパニョーロのバレットウルトラカルトは1590g。約200g強の違いとCLUTベアリングの回転の良さも伴ってのものと推測。

 次にディープリムの真骨頂と思われる高速での伸びも35km/hを超えた辺りから体感出来た感じでレーシング7では頑張らないとなかなか巡航維持出来なかった速度帯が維持し易いという感じでした。

 話には聞いていましたがこうもはっきりと体感出来るのは交換意義のあるパーツではないかと素人でも感じました。ただ投資額的には馬鹿にならないのでこういったハイエンドリムの導入は乗り方次第ではないかとも思います。

 また今回のリムに使用したタイヤとチューブはミシュランのPRO4とヴィットリアのラテックスチューブでこれまで使っていたものより乗り心地が柔らかくなった印象があります。両方共その部類では高価なものになると思うのでこの辺も投資額でやはり変わってくる感じですね。何にしても乗り心地が柔らかいのはロングライドをする際には効果はありそうな気がします。

 ただやはり取り付け時のトラブルの影響で20~24km程度、走ったところでフロントの空気が抜け始めました。取り合えず自宅まではそれ程の距離が無い事、エア抜けが一気にではなく徐々にだったこともあり、空気を入れて自走帰宅。帰宅後、状況をチェックしたのですが、特にエア抜けの原因が特定出来ず仕舞い。多分ではありますが、パッチの使用する際には不手際があったか、ディープリムの使用にあたり取り付けたエクステンダーの取り付けが甘くそこからの漏れではないかと推測。パッチを貼り直しエクステンダーもしっかり締めなおして二回目の試走に行きましたが、一回目とほぼ同じ距離を走って特に抜け等の変化が無かったので一番の原因は素人の雑な作業という事になりそうです。

 リムを慣らす為にしばらくは現状のチューブを使用して行こうと思いますが、5月末のAACRにそのままの状態での参加は心もとないので予備のチューブを購入。これで多少は気持ち的に楽になりますかね?

 ”失敗して覚える”ではありませんが、今回は本当に良い勉強にもなりました。次は同じミスをしないようにしたいと思います。で次はバーテープの交換ですかね?

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

Twitter

ThreeA Sale Info

海外Toyメーカー”ThreeA”のSale Info Widgetです。

お絵描きライブ…

プロフィール

あらいさとし

Author:あらいさとし
趣味:絵描き、ゲーム

インフィニッティ~♪2011年2月24日発売!!

インフィニティ級RPG!!

みっくみくにしてやんよ…

モンハンエリア

MH Official Links

MH Parsonal Links

3AA Official Links

3AA Parsonal Links

3AA Relation Links

月別アーカイブ

最近のコメント

お越し頂きありがとうございます。

RSSリンクの表示

Pixiv

ブログ内検索



(c) 水晶亭雑画帳…
design by Echizen
photo by mizutama
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。